FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生時代に誰かをいじめた経験も誰かにいじめられた経験もないのですけど、そんな人間が大人になってスポーツジムでパンチキックのプログラムコースに毎週参加するとどうなるか、もちろん私自身のことですけど、次なるステージとして人体に向けてパンチキックしてみたいなあと無邪気に考えてしまうわけですねー。

ノックアウトゲームというゲームがあります。
通行人をPKしてノックアウトできれば成功、できなければ失敗という単純なゲームです。
単純なゲームほど奥が深い。
唯一の問題はこれが犯罪行為であるという点です。
ノックアウトに成功しても後で「あの人に殴られました」と言われたら人生失敗ですよね。
それならば事前に契約を交わしておいた場合は、どうか。
2万円か3万円ほど支払えば多少殴らせてくれる人もいるかもしれない。
金銭という対価を授受して行われるサービスの提供行為はまっとうな商行為と言えるのではないだろうか。
ここで問題になるのは後で「あの人に殴られました。お金なんて知りません」と言われてしまう可能性です。
そこで書面による契約に基づいて行う必要性が出てきます。
地方公共団体は例外なく書面大好きですからね。
これなら文句無しと言えるのではないだろうか。
しかし違法行為についての契約は効力が失効するという問題があります。
書面による契約に基づいて行われるノックアウトゲームは違法行為と言えるのか。
これが違法行為ならテレビドラマで役者が役者を殴る行為も違法行為になるのではないか、いやあれは実際には殴っていないので超セーフです、モザイクの下では実際には挿入は行われていないのと同様以下略

しかしそもそもそんな行為は男なら誰でも小学生時代に経験し卒業しているだろう、という話がありますよね。
いじめ経験もプロレスごっこ経験も無いので(プロレスごっこなんてそもそも誰もしてませんでしたけど)誰もが経験し卒業したようなことを経験しないまま大人になってしまった人間の悲しい発想って感じがすごくします。いい年して「あー誰か殴りたい」だなんて。これほど恥ずかしい大人もいないんじゃないでしょうか。

壁でも殴れば?って話ですけど、壁を殴った場合きっと殴った方の手が痛いと思うのですよね。
ところが人体を殴った場合は対して痛くない。
つまり殴った方の拳も痛いんだぞとかいうのは壁殴りしかしたことがない人間の発想です。
人は殴られると吹っ飛ぶ。壁は殴られても吹っ飛ばない。
たぶん男子小学生なら誰もが知っているのでしょうけど私は考えたこともありませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

nanaibashi

Author:nanaibashi
カフェ開業を目指す会社員です。
という設定です。
言うほどガチじゃないです。

完美世界
ベテルギウスサーバー
ギルド乱舞所属
キャラクター名 夏ちゃん

領土動画は現在ギルド内限定公開メインです。全体公開はたまに。

twitter nanaibashi123
facebook  本名
LINE     本名
Instagram  本名

LINE IDは本名小文字です

あとSkypeもありますけど今後も誤タップ以外で起動することは無いと思われます。

最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。